アズール歯科クリニックロゴ

0466-66-6475

土日診療・夜20時まで診療
本鵠沼駅徒歩30秒

MENU

小児歯科・マタニティ歯科

妊娠期からはじまる
お子様のお口の健康

小児歯科・マタニティ歯科

当院は小児歯科とマタニティ歯科にも力を入れています。
お子様の歯は虫歯にかかりやすいので、適切な知識を持って予防することが重要です。お子様が虫歯菌や歯周病菌に感染しにくい環境を作るためにも、親御様が治療や予防に取り組むことも呼び掛けています。

子どもを
虫歯にさせないために

予防の知識を身につける

大人の方であれば、ご自身の意思で虫歯にならないよう、色んな情報を調べたり、生活習慣を変えていくことは可能です。しかし、お子様の場合はお口の健康を守るために、保護者や周りの大人の助けが必要になります。そして適切なサポートのためには、正しい予防の知識を身に付ける必要があります。
ただ、「正しい予防の知識を身に付ける」といっても、昨今様々な情報が溢れていて、どれが正しくてどれが間違っているか、なかなか判断がつかないものもあると思います。そんな時は、遠慮することなく当クリニックスタッフまでお気軽にお尋ねください。ただでさえ大変な子育ての不安を、少しでも取り除くお手伝いが出来ればと思っております。

乳幼児期に心がけて欲しいこと

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌が存在しません。
では、なぜ虫歯になるお子様がいるのか。それは、虫歯菌を保有している大人が一度噛み砕いたものを食べさせたり、口と口でのキスをしてしまったりした時に、感染してしまうためです。こうした感染を防ぐために、お箸や食器を分けることを徹底する、いくら可愛いくても口と口でのキスをしない、ご自身も虫歯菌を減らす努力をするといったことを心がけましょう。
乳歯や生えたての永久歯は弱いため、ちょっとしたことで虫歯になってしまいます。上記の注意とともに、歯科医院で定期的に予防処置をしておくことも重要です。

お子様を
虫歯から守る5箇条

  • 仕上げ磨きを必ずする
  • 食生活習慣に気をつける
  • 3歳までの間の虫歯菌感染を防ぐ
  • 予防処置を受ける
  • 定期検診を受ける

子どもが「歯が痛い」と
言い出したら

お子様に「歯が痛い」と言われて真っ先に思い浮かべるのは「虫歯」だと思います。そして次に挙げられるのが(これがけっこう見落としがちなのですが)乳歯から永久歯に生え変わる時に発生する痛みです。両者は対処法が全く異なりますので、早めに原因を特定して、歯医者の受診が必要そうであれば早急に対処しましょう。

虫歯が痛いと言われたら

お子様が虫歯になってしまい痛みを訴えてきた場合、虫歯はそれなりの進行具合なので、患部が目視で確認出来るかと思われます。こればかりは歯医者で治療をする他に対処法がございませんので、早急に受診することをオススメいたします。
その後再発をしないように、虫歯予防のためのオーラルケアと定期的な検診で再発が起きていないかを確認していきましょう。

乳歯が痛いと言われたら

歯の生え変わりはだいたい6歳前後から始まり、12~14歳くらいで全ての永久歯が生え揃います。人間の成長にとっては自然なことなので、お子様によっては大きな痛みもなく終えてしまうこともありますが、中には痛みを訴えるお子様もいらっしゃいます。特に、初めて歯が抜けるということを経験するお子様の場合、実際に発生している痛み自体はそれほどでもないにも関わらず、「歯が抜ける」という恐怖心によって痛みが生み出されていることもあるようです。

基本的には、歯の生え変わりによる痛みの場合は歯医者を受診する必要がないのですが、痛みによって食事もままならないなど日常生活に支障が出る場合は、生え変わりだけが痛みの原因ではない場合もあるので、その際は歯医者を受診することをオススメいたします。

当クリニックの小児歯科

  • ブラッシング指導

    お子様のブラッシング指導のポイントは、楽しく興味を持って歯磨きに取り組めるように工夫をしていくことです。また、親御様への日ごろのお子様への仕上げ磨きのアドバイスも行っています。

  • シーラント

    お子様の奥歯は、溝が深いことから歯垢がたまりやすく、虫歯になりやすい特徴を持っています。そのため、医療用樹脂であるシーラントであらかじめ溝を埋めることで、虫歯のリスクを低減することができます。

  • 薬剤(フッ化物)塗布

    お子様の歯は、歯を構成するエナメル質や象牙質も薄いことから、虫歯にかかりやすく、進行が早い特徴を持っています。歯科医院の薬剤(フッ化物)塗布は、歯質強化、再石灰化の促進で虫歯予防に役立ちます。

  • プレオルソ

    プレオルソは成長期に利用されることが多いマウスピース型の矯正装置です。舌の位置を適正にすること、口呼吸を鼻呼吸に誘導することで歯並びの悪化を防ぎますし、健康面でのプラス作用も多数持っています。

  • MFT

    MFTとは口腔機能の発達を促すトレーニングです。噛んだり飲み込んだりすることを円滑にする上に、鼻呼吸に誘導することにも役立ちます。また、発音も良くなることでコミュニケーションスキルのアップにもつながります。

  • 食事指導

    食事やおやつの内容、取り方はお子様のすこやかな成長に大きな影響を及ぼします。歯科医院として虫歯予防を呼び掛けるのはもちろんですが、肥満防止などにも役立ちますので、ぜひ食事指導をご利用ください。

マタニティ歯科

マタニティ歯科とは

マタニティ歯科では、妊娠中のお母さんの健康を守りつつ、生まれてくる赤ちゃんの健康に役立つことも目的としています。妊娠中はホルモンバランスの変化などで虫歯や歯周病のリスクも高まりますから、セルフケアの意識を高めることも重要です。

妊娠期の歯科治療を提案する理由

  • 01

    体調が不安定な時期こそケア

    妊娠中はホルモン分泌のバランスが大きく変わります。それは出産に向かっていくための準備として必要なことですが、ホルモンバランスの変化は、歯周病のリスクを上げるという好ましくない影響も及ぼします。また、つわりの時期はブラッシングもしにくいことから、通常よりお口のケアが重要となるのです。

  • 02

    口腔環境の変化に対応

    妊娠中は、歯肉に「妊娠性エプーリス」という腫れができることがあり、セルフケアがしにくくなります。当院ではレーザー治療器を使って妊娠中の患者様の痛みや負担を軽減しながら処置をすることが可能です。このように、当院のマタニティ歯科には母子への影響を考えた治療を行っています。

  • 03

    お子様への影響を抑止

    赤ちゃんは生まれたばかりの時は虫歯菌には感染していません。
    多くの場合は家族とのスキンシップや食器の使いまわしなどで感染するので、親御様が自身の虫歯菌を減らす努力=虫歯治療や予防に取り組むことが、赤ちゃんのお口の健康を守ることに繋がっていくと言えます。

妊娠期に行う歯科治療

妊娠中の治療について

妊娠期間中は、時期によって薬剤の使用に細かく配慮する必要があります。
また、妊娠後期には治療時の姿勢などが負担になりやすいこともありますので、本格的な治療は安定期に行うことを基本としています。妊娠初期や後期にも、虫歯の痛みが強い場合などは応急処置にとどめて、根本治療は適切な時期を待つべきでしょう。
その一方、妊娠中はホルモンバランスの変化でお口の環境が荒れやすいので、妊娠中期(安定期)に虫歯や歯周病の治療、予防歯科処置を行うのをおすすめします。

妊娠期の体調変化によって起こる症状

虫歯

妊娠すると、自動的にエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増えていきます。
このような身体の変化は出産をスムーズにするために役立つ作用がありますが、お口の中の歯周病菌や虫歯菌が増えやすい環境を作る側面もあります。
また、妊娠すると唾液の量が少なくなることも、お口の中の細菌が増殖することにつながります。さらにつわりの時期には吐き気などからセルフケアがしにくくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高い状態になります。これらを踏まえて、食生活に気を配るなどして対応することも重要です。

歯周病・妊娠性歯肉炎

一般に妊娠すると歯肉炎にかかりやすくなるといわれています。
これには女性ホルモンが大きく関わってくるといわれており、特にエストロゲンという女性ホルモンがある特定の歯周病原細菌の増殖を促すこと、また、歯肉を形作る細胞がエストロゲンの標的となることが知られています。
そのほか、プロゲステロンというホルモンは炎症の元であるプロスタグランジンを刺激します。
これらのホルモンは妊娠終期には月経時の10~30倍になるといわれており、このため妊娠中期から後期にかけて妊娠性歯肉炎が起こりやすくなるのです。
ただ、基本的には歯垢が残存しない清潔な口の中では起こらないか、起こっても軽度ですみますので、妊娠中は特に気をつけてプラークコントロールを行いましょう。油断すると出産後に本格的な歯周病に移行する場合もありますので、注意が必要です。

Prevotella Intermedia(プレボテラ・インターメディア)

女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンによって発育する歯周病菌。女性ホルモンの分泌が活発な思春期や妊娠時には爆発的に増殖することがあります。歯を支える骨(歯槽骨)を溶かす毒素(内毒素)をもちます。

妊娠性エプーリス

妊娠期間中に歯肉に発生しやすい粘膜疾患です。ホルモン分泌の変化によって発生しやすくなりますが、多くは良性ですし、出産が終われば自然と消える例がほとんどですが、気になる方はお気軽にご相談ください。

低体重児出産

近年、さまざまな歯周病の全身への関与がわかってきました。
なかでも妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児(※)および早産の危険度が高くなることが指摘されています。
これは口の中の歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に直接感染するのではないかといわれています。その危険率は実に7倍にものぼるといわれ、タバコやアルコール、高齢出産などよりもはるかに高い数字なのです。
※低出生体重児…2,500g未満の体重で生まれてきた赤ちゃん

母子手帳のご持参をお願いします

妊娠している方は、診療を受ける際に必ず母子手帳をご持参ください。
また、産婦人科で何らかの注意、指摘を受けている場合などは、当院にも情報共有をお願いいたします。当院はマタニティ歯科も設置しておりますので、妊婦さんとこれから生まれてくる赤ちゃんの健康を守るために、最大限の配慮をいたします。妊娠期間中はさまざまな要因で気分がすぐれないといったことがあり得ますから、治療中でも不調があれば遠慮なく申し出てください。

予防歯科のよくある質問

Q子どもを歯医者嫌いにさせたくないのですが、どうしたらいいですか?
治療が必要な状態になる前から場に慣れるためにも定期的な検診をおすすめします。
それにより、治療をしなくてすめば良いですし、もしも治療が必要となった場合でも慣れていればスムースに治療を行えます。
Qフッ素塗布は何歳から始めるのが良いですか?
フッ素塗布はカリエスリスクの著しい患者様以外では必要ないと考えます。
当院では、フッ素塗布のご希望がある場合やカリエスリスクの著しく高い場合を除いては、カルシウム系やポリリン酸などの比較的安全な予防に効果のある薬剤を用いております。
Q自宅でもフッ素塗布はできますか?
現在の市販の歯磨き粉にはほとんど含まれております。また、フッ素のジェルもあります。
Q子どもの歯科検診は何歳から受けられますか?
歯だけでなく、口腔粘膜の状態等、口腔で気になる事がありましたら何歳でも受けることができます。
Q乳歯なら虫歯になってしまっても大丈夫ですか?
大丈夫ではありません。虫歯になってしまうということは、食生活やセルフケアができていないので、今後歯だけでなく全身の様々なトラブルのリスクを抱えていると考えます。