アズール歯科クリニック

土日診療・夜20時まで診療・本鵠沼駅徒歩30秒

TEL:0466-66-64750466-66-6475

歯が欠けてしまった

 

歯が欠けてしまった方へ

硬いものを噛んだり、転んで歯をぶつけたりなどして歯が欠けてしまうことがあります。その際、本当に小さな欠けで、舌などで触っても傷がつかない程度のものであればそのままにしておいても良いケースもありますが、放置しておくと、噛み合わせに問題が起きたり、新たなむし歯の原因になったり、歯の神経に悪影響を及ぼすこともあります。欠けた部分が大きい場合は被せ物をする必要があるかもしれませんし、神経にまで到達している場合は根の治療をする必要があるかもしれません。どちらにせよ、ご自身での判断は難しいかと思いますので、一度ご来院くださいるのが一番安全だと思います。

歯が欠けた場合の対処法

小さく欠けた場合

小さく欠けた前歯

前歯が見た目にはわからない程度にほんの少し欠けたといった場合には、欠けて鋭利になってしまっている箇所に少し滑らかにする程度に削るだけの処置で済むこともあります。しかし、歯が欠けたことによって隙間や穴が出来てしまっている場合には、レジンというプラスチックの白い詰め物で治療します。欠けた部分だけを補填する治療なので、大きく歯を削らなくて済むので安全な上、保険適応のため費用も安く済みます。

半分くらい欠けた場合

セラミックの被せもの

歯の損傷がそれなりにある場合は、見た目や他の歯との噛み合わせも考慮して、被せ物をする必要があります。保険診療で対応する場合は、金属の被せ物の前から見える部分にレジンを貼り付けたものを使用して治療します。自由診療の場合はセラミックを使用して審美性を高める治療が一般的だと思われます。

大きく欠けた場合

歯の土台

歯が大きく欠けてしまった場合、神経が残っていれば被せ物をするだけで済みますが、神経が露出してしまっている場合は根管治療によって神経をとる必要が出てきます。神経をとった歯は非常に脆く、そのまま被せ物をしてしまっては折れてしまう可能性が高いため、土台を入れた上で被せ物を装着します。