アズール歯科クリニック

土日診療・夜20時まで診療・本鵠沼駅徒歩30秒

TEL:0466-66-64750466-66-6475

根管治療

 

根管治療は高度な技術と最新機器が必要な治療です!

根管治療CG

虫歯の進行が大幅に進んでしまい歯の神経まで到達してしまった場合は、通常の歯を削って詰め物をするという治療では治癒させることが出来ません。歯の根っこの中にある根管をきれいに清掃・洗浄・殺菌し、最後に防腐剤や殺菌剤をつめて密封する必要があります。この治療のことを根管治療(歯内療法)と呼びます。この根管治療は、肉眼では見えない部分の治療のため高度な技術が必要であり、歯の保存のために極めて重要な治療です。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

根管は細いのみならず、非常に複雑な形をしています。従来はそんな根管を手探りで治療していたため、限界がありました。根管内は非常にデリケートなため、少しのミスでも細菌の増殖や膿がたまって腫れがおこるということがおきてしまっていました。

マイクロスコープは、肉眼で見ることが出来ない歯の内部の細かな患部を確認することが出来る医療用の顕微鏡です。それまで手探りで行っていた治療を、目視しながら丁寧に処置を進められるようにしてくれた画期的な機器です。繊細な技術が必要とされる根管治療においては必須といっても過言ではないでしょう。

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿とは、治療する歯以外をゴム製のシートで覆いかぶせて治療箇所のみを露出させる治療法のことを言います。これを行うことによって、唾液に含まれる様々な細菌が治療箇所に侵入し、何かしらの感染を引き起こすことを防ぐことが出来ます。根管治療は細菌との戦いと言っても過言ではありません。ラバーダム防湿をする・しないは治療の成功率に大きく関わってきます。これほど重要なものにもかかわらず、根管治療を行う全ての歯科医師が使用するわけではないという報告もあります。根管治療を受ける際は、是非ともラバーダム防湿するかどうかも治療を受ける基準にして頂ければと思います。