アズール歯科クリニック

土日診療・夜20時まで診療・本鵠沼駅徒歩30秒

TEL:0466-66-64750466-66-6475

子供をむし歯にしたくない

 

子供をむし歯にしたくない方へ

大人の方であれば、ご自身の意思でむし歯にならないよう、色んな情報を調べたり、生活習慣を変えていくことは可能です。しかし、お子様の場合はお口の健康を守るために、保護者や周りの大人の助けが必要になります。そして適切なサポートのためには、正しい予防の知識を身に付ける必要があります。

  

ただ、「正しい予防の知識を身に付ける」といっても、昨今様々な情報が溢れていて、どれが正しくてどれが間違っているか、なかなか判断がつかないものもあると思います。そんな時は、遠慮することなく当院スタッフまでお気軽にお尋ねください。ただでさえ大変な子育ての不安を、少しでも取り除くお手伝いが出来ればと思っております。

乳幼児期に心がけて欲しいこと

子供と大人

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌が存在しません。では、なぜむし歯になるお子様がいるのか。それは、むし歯菌を保有している大人が一度噛み砕いたものを食べさせたり、口と口でのキスをしてしまったりした時に、感染してしまうためです。こうした感染を防ぐために、お箸や食器を分けることを徹底する、いくら可愛いくても口と口でのキスをしない、ご自身もむし歯菌を減らす努力をするといったことを心がけましょう。

乳歯や生えたての永久歯は弱いため、ちょっとしたことでむし歯になってしまいます。上記の注意とともに、歯科医院で定期的にフッ素塗布などの予防処置をしておくことも重要です。

お子様をむし歯から守る5箇条

  1. 仕上げ磨きを必ずする
  2. 食生活習慣に気をつける
  3. 3歳までの間のむし歯菌感染を防ぐ
  4. フッ素、シーラントなどの予防処置を受ける
  5. 定期検診を受ける

やらなきゃいけないことが沢山あるように思えますが、4と5は歯医者に任せることですし、2と3も日常的に意識することができるようになれば、時間が取られるようなものではありません。ほんの少し意識を変えるだけでお子様のむし歯は避けることが出来ます。不安なこと、わからないことなどあれば、いつでもスタッフにご相談ください。是非とも一緒に、お子様の歯の健康を守っていきましょう。