アズール歯科クリニック

土日診療・夜20時まで診療・本鵠沼駅徒歩30秒

TEL:0466-66-64750466-66-6475

虫歯の治療

 

痛みが出る前に早期発見で早期の治療を!

虫歯

虫歯の治療のために歯医者に通ったことがある人はとても多いと思います。その時の治療が辛かったという経験から、少しの痛みくらいならば我慢して、なるべく歯医者にかかるのを先延ばしにしている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のお気持ちは苦しいほど理解できますが、長期的な歯の健康のことを考えると、早めに処置を受けた方が良いかもしれません。虫歯は発見が遅れれば遅れるほど、必要な処置が大掛かりなものとなってしまいます。早期であれば、ほんの少し歯を削って簡単な詰め物を詰めておけば良いものが、発見が遅れるにつれて、大きく歯を削って、被せ物をしなければいけないことになってしまうこともあります。

上の写真のように、噛み合わせの部分などに磨いても落ちない黒ずみのようなものを見つけたら、痛みがなくともひとまず歯医者にかかることをお勧めいたします。この状態が患者様がご自身の肉眼で虫歯を発見できる初期症状です。この時点で処置することが出来れば、治療も非常に簡単に済みます。

歯が黒ずんだ状態を放置したまま痛みが出始めると、虫歯の進行は次の段階に進んでしまったことになります。この状態になってしまうと、世間一般ではお馴染みの「銀歯」を入れるための処置が必要になります。見た目が気になるという方はセラミックを入れるという選択肢もありますが、自費の診療となってしまいますので、相応の費用がかかってしまいます。

それ以上の進行状況になると、神経の治療が必要になってきます。こちらの治療については別ページでご説明いたしますが、かなり大掛かりな処置が必要になってしまうので、やはりそこまで放置せずに、早めの受診をすることをお勧めいたします。